クライアントの真の課題を見つけ出し、そのお客様のニーズをつかみ、本質を捉えたマーケティングにより、『価値あるコト』を提供する。

  1. Webインテグレーション
  2. 158 view

SEO対策とは?基本の仕組みと押さえるべき対策ポイント

WEB(デジタル)を活用したマーケティングにおいて、基本の知識とも言えるSEO対策。ひとくちにSEO対策といっても、大きな手法から細かい手法、またコンテンツ対策からシステム対策まで多岐にわたりますが、ここではまず初心者の方を対象に、SEOという言葉の意味から、基本的な対策方法まで解説いたします。

SEO対策とは

SEO対策とは「Search Engine Optimization」の略で、「検索エンジン最適化」という意味です。自分のWEBサイトにお客様を連れてくる場合、今は「検索」という行為が非常に重要な導線となっています。

多くの場合において、ただWEBサイトを作っただけでは、顧客はまずその存在を認識してくれません。そこで、検索/SNS/広告といった手段での集客を考えるのですが、フォロワー数が少ないうちはSNSの効果は薄く、また広告は確かに有効な手段ですが、掲載費用がかかるため、継続的に実行するには事業収益に影響が出てしまいます。そこで、できるだけ費用をかけずに継続的な流入導線を確保できるよう、自社のサイトが検索結果の上位に掲載されるよう行う対策が「SEO対策」です。

最近のSEO対策

日本における代表的な検索サイトといえば、「Google」と「Yahoo! JAPAN」です。この2サービスのSEO対策を実施すれば良いのですが、Yahoo! JAPANの検索エンジンは Googleの検索技術を利用しているため、2つの検索結果は同じ傾向です。このことから、今はGoogleのSEO対策ができていれば、ほとんどカバーできていると言えます。

知識として知っておくとすれば、実際のGoogleとYahoo! JAPANの検索結果の違いは、Yahoo!ニュースやYahoo!知恵袋など、Yahoo! JAPANの自社サービスが検索結果にあるかないかということです。また、それぞれのサービスにログインして利用していると、過去の閲覧履歴などサービスの利用傾向によって一人ひとりに最適化した検索結果を表示するため、掲載順位に差分が生じることがあります。

上記のような差分はあるものの、全体的な上位表示の傾向をつかみ、対策することが、SEO対策の第一歩です。

Googleが求めるコンテンツとは

では、Googleは、どのようなサイトを上位表示するのでしょうか。
実はGoogleは公式に「ユーザーの利便性を最優先に考慮する」と明示しており、その定義に沿った検索アルゴリズム*を組んでいます。このアルゴリズムを元にあらゆるWEBサイトを評価し、高評価を得たサイトから順番に上位表示しているというわけです。

このことから、検索順位を決定するGoogleの検索アルゴリズムを把握し、それぞれ対策することが、検索上位を狙う重要なポイントです。

*アルゴリズム:算法。ある特定の目的をより効率的に達成するために定式化された処理手順。

スマートフォンで見やすいサイトであること

また、SEO対策をする際にもうひとつ意識すべきポイントが「モバイルファーストインデックス」というワードです。Googleは、WEBサイトを評価する際、PCサイトでなくスマートフォン(モバイル)サイトを評価の基準とするという方針を発表しました。モバイル版のページをインデックスやランキングに使用し、モバイルユーザーが探しているものを見つけやすくするという方針が「モバイルファーストインデックス」です。

このため、これからはスマートフォンに最適化されたWEBサイト制作を中心に考えた方が良いでしょう。

まずは、ターゲットとなる顧客を知ること

上記のことを知った上で、いよいよSEO対策を進めていくのですが、まず肝心なことは、ターゲットとなる顧客を知ることです。SEO対策の第一歩は、ターゲットとなる顧客が「何というキーワードで検索するか」というところからスタートします。それは言い換えると「顧客の課題が何かを知る」ということです。

人は「検索」する時、目的を持っています。課題を解決したり、興味を満たしたり、何か答えにたどり着くため、人は検索します。そしてターゲットが実際に検索する時に、何というキーワードで検索するか。その課題を解決する情報が自社のWEBサイトにあるかどうか。その「最適な答え」を用意することが、ユーザーの利便性を高める大切なポイントです。

まとめ

まずは基本編として、SEOという言葉の意味から基本的な対策方法まで解説しました。具体的なSEO対策は、大きく分けて「コンテンツ対策」と「システム対策」の2つがあり、またその手法も多岐にわたります。ターゲットの求める答えをコンテンツとして用意することが一番大切なポイントですが、他サイトからのリンクを狙う、サイト表示速度をアップするなど、コンテンツとシステム両方の対策を実施することで、さらに大きな効果を狙うことができます。

ここでご紹介しきれなかった手法を含め、効果的な集客プランをいっしょに考えることもできますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

弊社のソリューション

弊社では、お客様の課題を解決するために、デジタルとアナログを融合させた、様々なソリューションをご提供しております。詳細につきましては、以下のリンクより、ご覧ください。

Webインテグレーションの最近記事

  1. サイト制作時のSEO対策の基本について(サイト内構成)

  2. コンバージョン率を上げるランディングページ制作のポイント

  3. SEO対策とは?基本の仕組みと押さえるべき対策ポイント

  4. 企業のホームページ制作で押さえておくべきポイント

関連記事

NEW ENTRY

  1. Webインテグレーション

    サイト制作時のSEO対策の基本について(サイト内構成)
  2. DAシームレスマーケティング

    サブスク時代にLTVが重要視される理由
  3. Webインテグレーション

    コンバージョン率を上げるランディングページ制作のポイント
  4. 展示会/イベント

    マーケター必見!情報収集に役立つ展示会・イベント情報 7〜8…
  5. DAシームレスマーケティング

    動画マーケティングの基礎知識
  6. DAシームレスマーケティング

    QRコード付き名刺を作ってみませんか?
  7. DAシームレスマーケティング

    企業におけるSNS活用の基礎知識
  8. BPO

    「BPO」とは?導入によるメリットとサービス例
  9. DAシームレスマーケティング

    WEB集客の基礎知識と導線別対策ポイントを解説
  10. DAシームレスマーケティング

    IoTによるデジタルマーケティングの未来とは?